デリケートゾーンが黒ずむ原因について

デリケートゾーンの黒ずみがそれ以上酷くならないようにするためには、日頃のケアがとても大切です。極端な例を挙げれば、美容クリニックで何万円もの費用を投入して黒ずみ治療をしてもらったと仮定します。やはりプロが黒ずみの治療を行えば、明らかに黒ずみが解消されたことが分かるに違いありません。その代りそれ以降安心しきってしまい、全く黒ずみのケアを行わなければ以前の状態に戻ってしまうでしょうね。従ってそうならないようにするためには、どのような仕組みで黒ずみの症状が出るのかという点を知っておく必要があるのです。そこでまずは、黒ずみの原因についていくつかご紹介いたします。例えばデリケートゾーンに限らず体のどんな部分の皮膚であっても、摩擦や圧迫などの刺激を受けると黒ずんでしまうのです。これは、皮膚が何等かの刺激を受けると、それに対抗しようとしてメラニン色素が過剰に生成されてしまうということが挙げられます。あるいは皮膚への刺激は、強い太陽光線を浴びても同様の症状が出ます。これは、誰もがご存知の日焼けの症状のことです。これについても太陽光線に含まれている紫外線から皮膚を守ろうとして、メラニン色素が過剰に生成されてしまうという理由があります。仮にもしメラニン色素が過剰に生成されなければ、紫外線によって皮膚のDNA細胞が破壊されてしまうともいわれています。ただし、デリケートゾーンが太陽光線を浴びるということは現実的ではありません。そのため、想定されるのはデリケートゾーンへの摩擦や圧迫などの刺激です。これについては小さなピチピチの下着による締め付け、あるいはお風呂でデリケートゾーンを洗う際に、ナイロンタオルでゴシゴシと強くこするなどの行為が考えられます。さらにはターンオーバーと呼ばれる皮膚の新陳代謝が28日サイクルで行われています。このターンオーバーについても、乱れた食生活を繰り返しているとターンオーバーサイクルも乱れてしまいます。そうなるとメラニン色素がうまく剥がれ落ちずに、いつまでも皮膚に残ってしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみを上手にケアする方法

上述したようなデリケートゾーンの黒ずみの原因を取り除くことで、黒ずみの症状が緩和されたり改善方向に向かうようになるのです。言い換えればそれが上手にケアする方法ということにもなります。それでは具体的なケア方法ですが、デリケートゾーンへの摩擦や圧迫を防ぐためにピチピチの小さな下着は避けるべきです。ちなみに若い女性であれば、レースであしらわれたセクシーな下着や小さな下着を選んでしまいがちです。また、下着の素材選びにも注意する必要があります。やはりポリエチレンや化学繊維製の下着は、どうしてもデリケートゾーンの通気性が悪くなります。そのため、ゆったりとした綿やシルク製の下着がお勧めです。さらにお風呂で使う石鹸や洗い方にも注意する必要があります。通常の場合であれば、アルカリ性の石鹸やボディーソープを使います。あるいは、ナイロン製の泡立ちやすいタオルを使います。しかしながらデリケートゾーンの黒ずみを改善するためには、デリケートゾーン専用の酸性石鹸を選ぶ必要があります。しかもタオルを使わずに、石鹸を泡立てながら素手でデリケートゾーンを軽く洗い流す程度にとどめておきます。あまりゴシゴシと洗いすぎるのもよくありません。

デリケートゾーンの黒ずみを解消するための美白クリーム

デリケートゾーン専用の酸性石鹸で洗った後は、デリケートゾーンのスキンケアも大切です。通常のスキンケアであれば、顔や腕・足・胸だけしかしません。ところが、デリケートゾーン専用の美白クリームでデリケートゾーンのスキンケアをすることが大切なのです。とりわけ、ネット通販で販売されている美白クリームには、美白成分だけでなく保湿成分も含まれています。この保湿成分が配合された美白クリームで、デリケートゾーンの保湿ケアをすることも重要なケアの一つなのです。こうした正しいケアを日頃から行っていると、デリケートゾーンの黒ずみも次第に改善の方向に向かっていくに違いありません。