デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンは適しているの?

デリケートゾーンの黒ずみで病院の皮膚科や美容クリニックに行くと、塗り薬による治療ではハイドロキノンと呼ばれる処方箋が処方されます。このハイドロキノンという処方箋は、メラニン色素を生成するチロシナーゼの働きを抑制する効果があるといいます。そのため、デリケートゾーンの黒ずみだけでなく、顔のシミや色素沈着などの治療にもよく処方される処方薬です。おまけにその美白効果については、皮膚の漂白剤とも言われている程効果が高い薬でもあります。ネット通販などで購入する美白クリームには、ビタミンC誘導体やプラセンタといった美白成分が含まれています。ところがこのハイドロキノンは、それらの美白成分の100倍にも相当する美白効果があるともいわれています。そのため、アメリカでは美白用の薬として全面的に医薬認可がなされています。その上、アメリカ国民の誰もが簡単に薬局で購入することができるといいます。しかしながら日本では、副作用が伴う危険な医薬成分ということもあって、使用する際には濃度制限が定められています。従ってハイドロキノン濃度が2%までであれば、通常の市販薬として処方箋なしで購入することができます。あるいは、美白関係の化粧品などにも配合することができるようになっています。その代り発がん性の恐れがあるといった理由などで、例え皮膚科の医師が処方する場合であっても濃度が5%までというのが一般的です。そのことを言い換えれば、5%以上の濃度のハイドロキノンを使用すると発がんの恐れがあるということになります。

デリケートゾーンの使用には適さないハイドロキノン

上述したような理由などから、通販サイトでもデリケートゾーンの美白用としてハイドロキノンが含まれている商品はなるべく控えるように!といった警告をしているメーカーもあります。とりわけデリケートゾーンは、膣やお尻など内臓にも通じるデリケートな部分です。従って、刺激の強いハイドロキノンは控えたほうがよいでしょうね。そのため美容クリニックに行くと、まずはハイドロキノンを使った軽い美白治療を行います。その後、完全に黒ずみの症状を解消したいという方や黒ずみの症状がひどい方には、レーザー治療をするのが一般的となっています。さらにハイドロキノンは発がん性が指摘されているというだけでなく、皮膚が漂白され過ぎるとか白い斑点が出るといった副作用もあります。あるいは、ハイドロキノンはメラニン色素の生成を抑制するという効果があります。おまけにメラニン色素が生成されにくいというだけでなく、メラノサイトの数自体も減らしてしまうのだといいます。これらのことを言い換えると、ガードマンに相当するメラニン色素が生成されにくくなるということは皮膚細胞が守られにくくなるということを意味します。そう考えると恐ろしいですね。

皮膚科によるデリケートゾーンの黒ずみ治療

皮膚科によるデリケートゾーンの黒ずみ治療といえば、美容クリニックによる黒ずみ治療というのが一般的です。ちなみに、テレビでよくCM宣伝が行われている湘南美容外科や高須クリニックも美容クリニックの一つです。こうした人気の高い美容クリニックに行くと、治療する医師も場数を踏んでいるので安心して黒ずみ治療を受けることができます。おまけに通販サイトで美白クリームを購入して自宅でセルフケアを行うよりも、最短でありより確実に治療することができます。口コミ情報の中には、通販サイトで購入した美白クリームを使っているけれど効果がイマイチという方もいらっしゃいます。それに比べると美容クリニックというのは、安心な上に治療効果がはっきりと現れます。従って美白効果を早く期待したいという方は、美容クリニックで治療されることをお勧めいたします。ただしセルフケアではなく美容クリニックなどのプロケアを選択する場合には、経済的な出費や治療時間をあらかじめ十分に見積もっておく必要があります。