デリケートゾーンの黒ずみは先天的か後天的か

黒ずんだデリケートゾーンを美白は皮膚にするには、まずは黒ずんでしまった原因を知ることが大切です。ちなみにあの人は色白であるとか色黒であるといった言い方をすることがあります。そうした先天的なものであれば、どう頑張ってもその効果もあまり期待できないかもしれませんね。もっと極端な例を挙げれば、黒人は生まれつき真っ黒なので白人のようにはなれません。その代り、後天的な原因で黒ずんでしまったのであれば、黒ずむ以前の状態に戻すことは可能です。何せ、皮膚というのは周期的に生まれ変わるようになっているのですからね。従って、デリケートゾーンの黒ずみで悩んでいる方の症状などに応じて、原因を調べた上での解消方法というものが大切です。

デリケートゾーンが黒ずむ主要な原因

デリケートゾーンの黒ずみの原因を調べる前に、後天的な原因で黒ずみの例をご紹介します。それは日焼けという症状です。これも太陽光線を浴びることで、皮膚細胞内にメラニン色素が過剰に生成されるためです。しかもメラニン色素が生成されることで、皮膚細胞を守ってくれているのだといいます。おまけにもしメラニン色素が皮膚細胞に生成されなければ、太陽光線に含まれている紫外線で皮膚のDNA細胞が破壊されてしまうといわれています。そういう意味では、私たちの皮膚を有害光線から守っていてくれるということができるのではないでしょうか。また、そうした皮膚を守ろうとするメラニン色素は、皮膚が摩擦や圧迫などの刺激を受けたりしても過剰に生成されてしまうといいます。これは、デリケートゾーンが黒ずむ最大の原因ということができます。とりわけ、女性は整理の度にナプキンをしたりオリモノシートで下着が汚れないようにします。そうした物があること自体は有り難いのですが、圧迫による刺激を受けたり過剰に皮膚への刺激を受ける可能性があります。あるいは、小さなオシャレな下着をする方も多いと思うのですが、それらもデリケートゾーンへの過剰な圧迫刺激を与えてしまいます。さらには、自分で無駄毛の処理をするためにカミソリを使ったりする方もいます。こうしたデリケートゾーンへの刺激も黒ずむ大きな原因となっているのです。それからお風呂で毎日ゴシゴシとナイロンタオルで洗っているという方なども、デリケートゾーンには過剰な刺激が加わっています。

デリケートゾーンが黒ずまないようにするには?

こうしてデリケートゾーンが黒ずむ原因についてご紹介しました。従って、すでに申し上げたような原因を取り除かない限りは、黒ずんだ皮膚を美白皮膚へと変えることは難しいといえるでしょうね。そこでまず早速しないといけない対策ですが、生理用のナプキンやオリモノシートを着用しないということはできません。その代り、デリケートゾーンを締め付けるような小さな下着を着用しないようにするということくらいはできます。そして、ナイロン製の熱がこもりやすい生地の下着から通気性のよい綿やシルク製の下着に変えることも大切です。また、カミソリで無駄毛の処理をすることも止めるべきです。十分に石鹸で泡立てた上でカミソリを使うとか、カミソリから脱毛クリームに変えるなどの対策も必要です。一番よいのは、エステサロンで無駄毛の処理をしてもらうのが一番です。それから、ナイロンタオルでゴシゴシとデリケートゾーンを洗うのもお勧めできません。やはりナイロンタオルと通常の石鹸を使わないで、デリケートゾーン専用の石鹸でソフトタッチで洗うことが大切です。こうした黒ずみ対策というか正しいデリケートゾーンのケアを行わないと、黒ずんだ皮膚が慢性化してしまいます。ちなみにお風呂あがりのスキンケア用の美白クリームも販売されています。こうしたデリケートゾーン専用の美白クリームもお勧めです。